たこぜりー研究室

大腸菌DNAは4.64Mbp。酵母は13Mbpで、ヒトは3Gbp

スポンサーサイト

#
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Development Roadmap 2005 Summer

#197
とりあえずレポートのヤマは超えたので、開発関係をメモ的に整理。
期末試験が残ってるだろう、期末試験が

1. ライブラリ

1) AppConfig クラス
 .NET 1.x の System.Configuration 名前空間には、アプリケーション構成ファイルに書き込む機能は用意されていないので、これに基づき、XmlDocument クラスから実装。
 とりあえず完成だが、VS2005 のようなプロファイル切り替え機能は無い。

2) FolderBrowserDialog クラス
 .NET 1.0 にだけない、このクラス。これに基づき、SHBrowseForFolder API のラップで実装。
 問題は、RootFolder の型。.NET 1.1 以降には、System.Environment.SpecialFolder 列挙体に(仮想の)デスクトップなどが追加されている。これが .NET 1.0 にないため、自分で SpecialFolder 様の列挙体を宣言する必要があるだろう。

3) GroupableListView クラス
 XP Explorer のリストビューを目標に、VS 2005 の ListView クラスに基づいて作ろうとしたが。
 これこれによれば、common controls version 6 に依存して実装されているらしい。なので、OS のバージョンに依存しないようにするには、もはや OwnerDraw でいくしかない模様。ということで、実装は見送り。

4) XmlDic クラス
 辞書をあらわす XML ファイルを管理するクラス。とりあえず完成したが、スキーマ決定にやや難。
 また、内部に XmlDocument インスタンスを完全に隠しているので、XPath 式を代わりに立てて、検索するようなメソッドを作る見込み。

2. Codename Seeker
 辞書作成・管理ソフトということで、インターフェイスは固まりつつある。あとは、XmlDic クラスとうまく統合するかどうか。

3. Codename Saxony
 Saxony よりも Lexicon (意味 : 特定の言語・作家・作品・分野などの語彙)のほうがいいのではないかと思うこの頃。
 上の辞書をつかって、英文を日本語交じりの英文にするような翻訳支援機の予定。完全翻訳はたぶん無理。

4. ゲーム
 イオンカードの後継か、将棋・五目・○×・生物部で流行ったブロック崩し・ハノイの塔などのプリインストールされてそうなミニゲーム。

5. Computional Biology Applications
 遺伝学実習でやってて作りたくなってきたバイオプログラミング。とりあえず、配列データを読み込んでアラインメントをする機能を。

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:  http://takojelly.blog2.fc2.com/tb.php/197-a030cf89
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。