たこぜりー研究室

大腸菌DNAは4.64Mbp。酵母は13Mbpで、ヒトは3Gbp

スポンサーサイト

#
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リカバリの収穫

#93
まぁ休みに入ったということで、ここ数日間パソコンをリカバリしてました。またか
で、なんとか問題だったImageList の異常が直った、ということです。

原因はいまだ不明だが、XP SP2 は無関係の様子。どうやら、エンドユーザー向けの.NET Framework ランタイムを先にインストールした後、Windows コンポーネントアップデートをスキップして、Visual Studio をインストールしたことに問題があったようです。

で、今回のリカバリの収穫は以下のとおり。

高校野球シミュレーション3
 システムコンフィングで作業フォルダを「参照」から変えると、おかしくなるが、ファイルパスの最後に\をつければ、正常に動く。これで、システムドライブ直下にTemp フォルダを作ることもない。ただし、NclLogDir フォルダは作られることは変わらない。

・Access 2003
 Access を使う場合、DCOM Server Process Launcher サービスを停止させると、起動できなくなる。

・Microsoft Photo Editor
 Office XP にはついていたこのソフト。2003 で上書きインストールすると、消えてしまう。で、代わりがPicture Manager 。これはこれでいいんだが、Photo Editor にはあった、「透明色の設定」機能がない。
 どうにかならんものかと、2003 のインストールの前に、本体のあるPhotoEdフォルダを隔離しておけば、Office XP がなくてもPhoto Editor はちゃんと動くことが判明。ただし、2003のインストールは必須で、また、メニューが英語になってしまう。

・減量作戦
 プリインストールされているアプリのアンインストール、インストールするオプションの設定、システムの復元用のディスク領域を400MB に絞る、などで、空き容量を10% 増加させることに成功。

・ユーザー用のTemp フォルダの変更
 コントロールパネル > システム > 詳細設定 > 環境変数 から「ユーザー環境変数」のうち、TEMP と TMP を編集して、変数名を2つとも同じフォルダに変更する。

・Norton AntiVirus 2005
 結局、ウィルス対策ソフトはこれにしたんだけど(生協で買うと千円安かった)。そしたら、いつのまにか毎回「Norton AntiVirus 2005 は修復機能をサポートしません。アンインストールして再インストールしてください。」のメッセージが。
 どうにかならんものかと、オプションを見ると、どうやら原因はインスタントメッセンジャーの保護にあるらしい。チェックをはずすと、メッセージも出なくなった。間接的な原因は、MSN Explorer をアンインストールしたことか。もしくは、「プログラムのアクセスと既定の設定」でWindows Messenger へのアクセスを有効にしないにしたからか。
 とにかく、この AntiVirus 2005。Windows ファイアーウォールの代わりになる、Internet Worm Protection 機能を搭載している。欠点は、メモリを喰うこと。20MBぐらい(5.2% 相当)は使用量が増えた。

・ゴミ箱の名前を変える
 レジストリの HKEY_CLASSES_ROOT\CLSID\{645FF040-5081-101B-9F08-00AA002F954E}\ShellFolder キーのAttributes 値を50 01 00 20 にし、CallForAttributes 値を削除。で再起動。(当然操作は自己責任)
 自分の場合、Recycle Bin に変更。

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:  http://takojelly.blog2.fc2.com/tb.php/93-528cf0e0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。